食べるならどんなアーモンドがいいの?

ローストしたアーモンドって、香ばしくて美味しいですね~!チョコレートやお菓子に入っているアーモンドも、ホント美味しくてたまりません。
アーモンドの中にカルシウム・鉄分・マグネシウム・亜鉛などが豊富なんです。
それでは、食べるならどんなアーモンドがいいの?
よくスーパーなどに売られているのは、ローストしたアーモンドです。
ローストは、焙煎してあります。要するに、火を通してあるということです。ロースト&塩をしてあるアーモンドは、確かにとっても美味しいのです。ですが、ローストしたらできるだけすぐに食べないと、酸化した油を摂取していることで、本末転倒になりかねないのです。
アーモンドに限らず、ナッツ類は油脂が豊富なので、一度火が入ったものは、時間が経つほど酸化しちゃいます。
生のナッツは、フレッシュな酵素やビタミンが豊富です。しかも、火を通していないので、含んでいるオイルも新鮮です。
アーモンドに限らず、ナッツ類は食べ方を間違える(よく噛まずにたくさん食べるなど)と、消化に負担がかかってしまいます。ですので、食べ方に工夫をすると安心ですね。
アーモンドのおすすめの食べ方
・スムージーなどに追加してジュースとして。
・ブレンダーでなめらかにして、アーモンドミルクとして。
・フードプロセッサーなどで細かく砕き、サラダにトッピング。
・細かく砕いたら、和え物などゴマ感覚でどんどん利用。
・ペースト状にして、お醤油や味噌と混ぜてごはんのお供に。