寛容

すべての人はすべて寛大な胸があるべきで、このように世界がもっと美しくなることができることになります.

私はいつも文句

この文句あの心いつ団息苦しい、私のクラスメートが私に借りにペン、私は彼女に、彼女は使って、私は彼女を経ていないせいで、私の同意、結果させるのはみんな楽しくない.私は、生活はそんな息苦しい、私も、私も学友の心に良い印象を与えて、多くの学友はすべて私の悪口を言っている.

に一日で、私青菜に塩小さな道端に散歩して、枝葉が茂るの大木で、日光の照らすこともとではもっと精神、花は木のおじさんにかわいがられて、も莟ました.

” p “は、靑そよ風が吹いて、木はさらさらと音を立てて、花は私は言う:“愛が愚痴を言う小さい女の子、楽しくありませんでしたか.」私はとてもつらい、その時、僕には見えたよようなシーン:一人の靑年と、歩きながらコーラを飲んで、一人の少女がちょうど彼の身の回りまで走った、コーラはいたずらな小さな弟、こぼれた娘の身で、私は1度の喧嘩とすぐが始まった……でも、私の予想に舞い込ん、若い若者はすぐ彼女に謝る:あ、妹、ごめんなさい.小さい女の子はかすかに笑うこと:“大丈夫、あなたも気をつけないで、あなたも不注意.」女の子は愚痴の言うこともない、危機は終わってしまった.

そうよ、多くの事は確かに1粒の寛容な心さえあれば、大事化小小事化.これから、私も寛容になり、他人を理解し、生活がますます幸せになりました.

精神病の種類

花見の季節、まだ花粉症に悩んでいますか?

喘息症状とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です