雪のアーモンド夜は

雪の夜

の雪の夜

Pは目を閉じて

Pは、心の中で憂いと悲しみを未来の姿はわからない

はPは、飛ぶ翼

を想像していたが努力の力で遠い

を連れていて,努力の力を連れて遠くに飛んでいるPは遠くの寒さで心房を襲い、心房

を襲っているもう窓から窓が止まっているのを見てはならないPの窓の外の光景は、私が子供のころの時間に戻っているかのようだ.Pは雪下の透亮

には仮面の下の顔が映る

は、仮面の下の顔

が映るPは成長している

を盼望ているPは、子供の頃の願いが咲くことを楽しみにしています.Pに咲く花火はまだ消えてない

Pの涙は唇にしたたるて

としてはpは期待しない

じゃないまだめぞんの人

にはまだ間に合う人

にはまだ間に合いませんまだあきらめてない理想<P>はp>は時間の軌道には遠くから遠い

というPは高望みになってしまった

では、高望み<,
;になってしまった.私ずっと私は一つ星だと信じていた私は私の光として宇宙に立脚することができます人の心には羨ましくも心から憎しみ

としても心から憎しみを生んで<P>もいいです私はこれまで

は怖くないです私は私それとも1匹のハリネズミのハリネズミ

になっているためです私は私の刺でダメージを予防に抵御を防ぎましたp>と<発見すべて可能性は憶測

私はただ1匹の蛍の

に過ぎないですちょっと星明かりで自分を照らして歩いて

Pは,アーモンド、微弱な光で素敵な願い

を窓外の雪は依然として舞い落ちる

Pの窓の外の夜が、幕を開ける

雪の夜には一際

では,

雪の夜は格別です

私も自分の舞台上で踊りました

私も自分の舞台で踊りました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です