茫アーモンド然としている……

同窓会の集まり.

私いつも樸訥で、ずっとずっと無口、内気.変わると思って、自分がちゃんと格好をしていきました.しかしテーブル前、目の前の喧騒とにぎやかさ、私の心は瞬間に1種の盛大な空しいとうんざりすることがある.そこで,次の時間、私は魂と元気のない人形,,アーモンド、機械の笑い、私はほとんどずっと笑っている、私はどうしてこのような表情をかけているのか分からない.

Pのゲーム、基本的にはできない.

私は、私はずっと、私は、これはあまりにも、同世代のペースでは、他の人の思想は知らない、もっと交流することはできません.しかし、本当に私自身を選択して、私はむしろできない、勉強したくない.

p

は遊んではいない.

この胸には抵抗があるから、私が悩んでいる.

私は寝室に帰って、依然としてその虚無豁然の中で、私は機械的にコンピュータを開いて、機械的に読む欄、私は知って,私はまた1段の孤独でない人が付き添う旅程がないことを始めた.

大学院生のこの数年、私はやはり多めに本、専門は関係ない.しかし、徐々に思考の能力が欠けて、私は茫然、自分が何を焦っているか分からない.千変万化の世界は完全に出世の地位にあり、やはりこのような物質であるとしても、この物質の中で、このような物質の中で、このような物質の中で、このような物質の中で、このような物質が、対処することはできません.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です