亭阁、琵琶湖のアーモンド女

南西閣、閣で亭、亭に女性琵琶行、垂腰柔発柳烟眉,靑衣マキシ歌って、古今侍儿涙が衣.月の雲、雲の帯の情、情の倒影難しいよう見極め、唯曲悠然とドリル、心から侍儿扶.琵琶の声と佳人の曲、ただ敢天はある、人は何回か?そう梨花雨、玉環もない、今夜幸賞は、満足する恐れない、ビル瓊.未覚いつ琵琶まで、あたかも万声止まって、闻娇声だけ泣いて、難しい断腸の思い.突然闻娇声呼ぶ公子、意します勇気がなくて闻娇声幻聴は、次からはやっと大胆に人語.私は、天吾は,閣あずまや、その人は、paの顔、時空を忘れることを忘れてはならぬ.

Pは白玉、唇に桃の花がガビチョウガビチョウ、これは世界ではありません.私は琵琶の音の縁由を聞き、身上に帰って.女の人の芸術菲、出生揚州の快適さ、初めは満16、愛は貧しい家の父は苦しそうれ,アーモンド、上京して赶考非情で、切れ鴛鴦時かつて誓いなど、三年春秋、他日の高い“挙人”になる、故郷へ花を飾る日、結婚式の時に.今は三三年は、無帰還期、今聞いてを皇女の夫、おかしい六負荷情、無駄に私はひたむきな種、唯が月傾く.吾かぐこの憎しみの心は遇佳人、吾が言弾曲かどうか、私と吟曲『長恨歌』.彼女は生きていて、恨みが好きで、私は愛が分からないで、また誰に語を言うことができますか?

には15年に1日に1日に1日昼と夜の子午線<に>をして

をして

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です