異郷情アーモンドvs憶乡情

私は歩いて行く方向、大学の旅程を踏んだ.私は、この大学、初めての体験と、異郷の群宿せ生活を体験し始めた.

Pは異郷で、私にとっては珍しくもまた気にしていて.私は自由、私は未来に憧れている.私は一人で食事をする、孤独感を恐れて.私は明るく活発で、私は孤立さ、排斥され、対人付き合いを恐れて問題になっている.私のような夢の中で自分を恐れさせて、現実の中で愚図愚図になって、自分を恐れて生ける尸魂をそのように、ゆっくり.

しかし、私は私が思っているほど悪くない、私は寮一日に入り、朗らかな性格の友として出会った.彼女と私はとても商談、私は知らない距離,ばつが悪いシーンは事実に物色されている.その後寮生活も打ち解けて、私はいくつか人の悩みが少なくなりました.街を歩いて、不足しているのは1種の帰属感で、あるただ知らない街、暗然の感傷.

私はホームシックになって、熟知しているすべてを抱擁したいです.私の友達を蓬莱弱水の隔たり,アーモンド、自然も逃げる考えは私はあなたと私の間の距離を縮め,知っている資格はないが、私はまだ演じるつかまえて.私は故郷の少しの滴っに慣れて、私の思い出はすべてそこにあることができて、私はどのように懐かしさがあることを呼びます.憶郷、私は深く心を、文筆に投擲、記録は心の間に記録する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です