にきびのアーモンドレーザー光電治療

は、1 .表皮角化が正常で、毛包が口がふさがる.皮脂腺の分泌過多、多くの皮脂を毛包内に蓄積し、にきびを形成しています.さん.ニキビ菌(Propionibacterium acnes過剰増殖.4 .毛包は炎症を起こして反応する.

に軽微な病状を採用するほか、投薬治療が,高度に活躍する様子を行う必要があり、まだしばらくの時間の経口避妊薬治療.伝統的なニキビ治療は、1~3ヶ月以上必要な時間が有効になるため、レーザー光電治療方式を採用し、上記の病理機に回転作用、治療の効果を増進する.

発光ダイオード(LED)

ニキビ菌代謝の過程を生む内因性ポルフィリン(porphyrins)、いくつかの可視光が活性化するこれらの物質が一重項酸素(singlet oxygen)などの自由な基,アーモンド、破壊の細胞壁の脂質のために消滅する細菌.

ブルーレイ波長(例えば420-470 nmオーダーで)の抗菌効果は比較的に良くて、しかしブルーレイ皮膚の深さ約0 . 2 mm突き抜けるだけので、結合効能に劣るが、透過光の波長より深く(600-1000 nmオーダーで).光でも制限マクロファージ釈放細胞ホルモン(cytokine)、具抗炎症能力,研究者はブルーレイも抗炎症の効果.赤い光で治療して、ニキビの数と皮脂腺の分泌量はすべて下げる現象があります.

結合赤ブルーレイの治療、炎症抑制の効果に優を単独で使う外用薬過酸化ベンゼン(benzoyl peroxide)やブルーレイだけ照射.

p〉〈時は> <レーザー(lasers)

皮脂腺が熱に敏感、赤外線波長のレーザー、例えば铷ジャック(Nd:YAGレーザダイオードレーザー、)、铒ガラスレーザ加熱組織に水の分子が生じ、光熱効果、皮脂腺細胞を破壊する.研究者はレーザー光も皮膚に免疫調節に作用すると考えていますが、臨床の証拠として支持することが必要です.

可視光の波長のレーザーにきびも治療効果があって、例えばKTP緑光レーザー(potassium titanyl phosphate laser 532 nmオーダーで、より深いブルーレイ突き抜けて、具類似の殺菌作用.

黄色帯のパルス式染料レーザー(pulsed dye laser、585-595 nmオーダーで)、活性化ポルフィリン、消滅ニキビ菌の効果が、含酸素ヘムは波長の吸収の能力に優れ、だからこのレーザの作用を通して、主にミクロ血管レーザー後の光吸収熱効果を抑え、皮脂腺活性.染料レーザーを促進することができTGF-beta表現、消炎作用.染め」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です