初冬のアーモンド養生は何の立冬を食べて何の立冬を食べます

冬の足どりはますます近くなって、気温がだんだん下がって、摂生立冬は何を食べて、立冬の節気が来る前に何か注意することに注意しますか?養生立冬は何1
.主食を食べて、適当に肉を食べることを食べて、うずらとなまこ蛋白質、脂肪と炭水化物は産の熱い栄養素と称されます.だから、冬季は、主食と油脂の摂取、良質蛋白質の供給を保証する.犬肉、羊肉、牛肉、鶏肉、シカ、エビ、ハト、ウズラ、なまこなどの食品の中でたんぱく質や脂肪、産熱、防寒一番効果.に.昆布、海草甲状腺ホルモンの分泌を促進することができて、人体の甲状腺に熱量を生むと甲状腺ホルモン分泌物、それが速める体内多く組織細胞の酸化を増加し、体の熱の生産能力を増強させ、基礎代謝率は,皮膚の血液循環を加速し、抗寒い防寒、ヨウ素の食べ物甲状腺ホルモン分泌を促進することができます.ヨウ素が豊富な食品は、昆布、海草、ファーツァイ、クラゲ,アーモンド、ホウレンソウ、ハクサイ、トウモロコシなど.さん.動物の肝臓、ニンジンを増加することができます耐寒能力寒い気候は明らかな変化が人体ビタミン代謝.ビタミンAとビタミンCが増加し、耐寒能力や寒さに対する適応力を強め、血管に良好な保護作用を持つということです.ビタミンAは主に動物の肝臓、ニンジン、濃い緑野菜など、ビタミンCは主に新鮮な果物と野菜です.よんしよ.ゴマ、ヒマワリの種を提供できる人間の体の寒さの必須元素寒い天気に体内の需要の増大メチオニン.メチオニンを移転作用を提供し、シリーズ適応寒さに必要なメチル.そのため、冬季は摂取の多い食べ物を含むメチオニン.胡麻、ひまわり、乳製品、酵母、葉類野菜等.立冬進むことに補う注意事項立冬補冬、盲目的に進むことに補う飲食の養生に従い秋冬養陰、無干渉に陽、虚者を補って、寒者温泉のだろ、気候の変化に従って四時を調節食.少なく食べる冷たいが、ないし、縄張り置くも盗人の為食べていくつかの滋陰潜陽、カロリーの高い食物を目安としながらも、多く新鮮な野菜を避けるため、ビタミンの欠乏、例えば:牛や羊の肉、ウコッケイ,フナの魚、多飲豆乳、牛乳、たくさん食べて大根、野菜、豆腐、きくらげ.ここで注意の須要に、我が国では土地が広くて、地理環境はそれぞれ異なって、人々のライフスタイルと違って、冬に属して、西北地方と東南部の沿海の気候条件で違う.冬の西北の地区の天気は寒くて、進むことに補う宜大温ヒットの品など、牛、羊、犬などで長江以南ではもう冬ですが、気温が西北の地区の温和な多く、進むことに補うべきで清補甘温泉味など、鶏やアヒル、魚類、高原である山岳地帯、雨量しかも偏って乾燥した気候が少ない地帯は、甘潤べきで唾液の分泌を促進しての品の果実の野菜、氷砂糖を宜.このほかにも、人によっては、食が穀肉野菜の分、人は老若男女の別、体(体質)に基づいての虚実寒熱弁、人体の生長法則、漢方医の養生の原則、少年重を養い、中年重調、老年重保険、老年高齢重延.だから冬の進むことに補うは状況に応じてターゲットの选択清補補補う、温、小、大补、万ない盲目進むことに補う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です