高繊食、アーモンド「腸」が健康に健康を保つ

現代人の飲食は通常発生した多くの自由基、この状況を改善し、一番簡単な方法は摂取の高繊の低油低脂肪の飲食、和風スローフードや洋インスタントの最大の違いは食物繊維の多寡.日本の食材の豆類、藻類は非常に普遍的に、野菜、ゴボウもメニュー.科学者は発見して、引っ張って糸の粘性野菜ジュース液、例えば山芋、海藻、こそ低下は脂肪の吸収のダイエットができる、サツマイモ、ゴボウの水溶性や可溶性繊維は便秘予防の妙薬.日常の食事は白米飯を玄米に換えて、白トーストはマカのトーストに直して.毎日少なくとも摂取25-30mgの繊維、効率を開通腸、累積毒素.

植物細胞壁と細胞間質、大分子の多糖体.草食性動物腸は繊維の酵素を分解するため、消化繊維を消化することができ.しかし人体ないという酵素消化吸収しないため、以前は食物繊維は栄養価値まで、1970年代以降、実証を研究して食物繊維胃腸の機能と免疫係が正面の効果、それに水分を吸収できると廃棄物からフン、デトックスそして最初の形成に積み上げて体を刺激し、大腸蠕動には、食物繊維健康食盲に杖の重要な役.

は、食物繊維は、水の水溶性と水の水溶性の繊維の2種類、一般的に来て、熱湯で溶解するのは水に溶ける繊維、熱湯の中で溶解することができないのは水に溶ける繊維と称することができません.食物栄養成分において、粗繊維の含有量、つまり水溶性繊維の含有量.

は、水溶性繊維はセルロース、木質と、半繊維素などの物質.非水溶性繊維に富んで、全穀物、ミール、種子や靑果など

水溶性食物繊維は、植物のゼリー、ペクチン ,アーモンド、植物黏质といくつかの半セルロース、水に溶け、ゼラチン状の形成、かつ粘性の物質.溶性繊維の食物は豆類、燕麦、オオムギ、リンゴ、ミカン、ジャガイモなど

に富んでいるPは,食物繊維の機能

という機能で

をは便秘予防と便秘予防

を予防予防Pは、Pには満腹感が増加し、太る

を避ける.Pは毒素とろくでなしを排出するPp>かすみ果穂<提供益生質増加減少、善玉菌、害菌

には、腸粘膜、有害物質侵入を阻止する繊維の需要量は、ごじゅう歳未満の男性を毎日38グラム,女性25グラム;ごじゅう歳以上、男性はさんじゅうグラム、女性は21グラム;食事の繊維の増加漸進式、食べ過ぎて胃腸の消化できない疝痛.は多く食べて高繊維は食べ物のほかにも多く水を飲んで、排便機能を調節することを助ける、日常排便は希、成形しない、恐らく繊維が食べ下痢がち、実は繊維を吸収する腸の水分、排便を正常.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です