東莞アーモンド再増H7N9症例に広東浙江民衆に注意する

広東東莞市

が確定しているもう一例H7N9インフルエンザの感染者が増加するように、計画への感染地域の民衆、特に広東省や浙江省省、是非良好衛生習慣、接触を避ける禽鸟.

中国の広東省衛生と計画出産委員会は昨日(じゅうに/じゅうご)日午後に発表していち例H7N9インフルエンザの感染者が疾病統制計画、中央流行発生指揮センター已完成検証作業を、これは中国大陸と香港秋以来第きゅう、く例H7N9インフル感染によると疫病が流行し、リスクや脅威増加.現在、広東省や浙江省の観光の流行レベルを維持し第二級:警告(Alert)で、殘りの各省市(香港・マカオを含まない)第一級:注意(Watch).

今回新たに

事例で住む広東省東莞市凤岗町の39歳の男性が、じゅうに月じゅうご日判明し、現在の病状が困っ入院治療中、東莞市CDCはすでに53名密接接触者医学観察を現し、抗ウイルス剤予防的投薬、現在未発現異常、余疫調査情報確認中 .今まで、中国大陸の累計計141人H7N9インフルエンザの感染者は十二、分布省市のうち、既知の47名死亡事例;別の香港地区に名され、予備などは中国深圳シフトイン.

国内は今年よんしよ月さん日からはH7N9インフルエンザに列第5種類の伝染病で、これまで累計455例共通報症例のうち、いち例海外移入確定例454例排除H7N9感染.辺境の検疫はろく月いち日から今まで、流行に地域から帰国の旅客に入国時の症状に、384例で,いずれも排除H7N9感染.指揮センターによると、最近の事例に香港に名、予備などは広東省感染.

またを経て、広東省当局の検査で発見して、深セン市竜崗区部分活鳥市場の環境サンプルH7N9鳥インフルエンザの陽性反応が現れて、排除しない中国南方感染が拡大傾向;遺伝子分析によると、ウイルスの効果が人の後継者素質、表示H7N9インフルエンザ威脇が存在し、約ろく割確定例の出入り活鳥市場などに接触し禽鸟史、中国大陸への民衆、特に広東省や浙江省省者、避けるべき進出活鳥市場と鳥の街鸟市と接触禽鸟と禽鸟死体.

とともに、医師に注意しH7N9インフルエンザの患者に通報定義,速やかに通報衛生機関.指揮センターは中国人に注意して、中国大陸の接触を避ける必要があり禽鸟類、特にゆめゆめ拾い禽鸟死体;食用鶏やアヒル、ガチョウ(含卵)に注意を払う必要が完全に調理済み食品を実行すべき、手洗いなどの個人衛生対策を回避し、感染.帰国の時のように発熱や類似インフルエンザの症状は、航空会社員や港告知空港の検疫官,アーモンド、帰国後例えば上述の病状が現れて、マスクを尽くすべき速、医者にかかるを告げる医師接触史や観光史.最新の流行などは疾管署ウェブサイトのH7N9インフルエンザ専区と国際

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です