水泳のアーモンド時、攣るはどうする?

p水泳時は攣るは危険なので、進水前には先にウォーミングアップ運動をして
,それから冷水で体をじっとり、水温に応じて進水てから進水します.万一水中でつりの時も慌てないで、先をして、そして駅水底手でマッサージがつった部位、そしてできるだけ足の裏に抱きつき、が正常に戻りまして.もしまだ好転しないと、仰いで浮いて水面を試みることができ、ゆっくり泳ぎ返岸辺アームストローク.もし自分も泳ぎの回を把握していないと、早く助けを求めるべきだ.

水泳の時足攣る

が多数発生の,土踏まずやすねの後ろの部位によって痙攣の原因が含まれます:

1、水泳前の準備活動不足:

は、水泳前の準備活動不足:

しない十分なウォーミングアップ突然水に飛び込んだ、寒すぎる水温が刺激を皮膚や筋肉の血管収縮から大量に,アーモンド、血流の減少が落ちると、満足できない筋肉の活動は、けいれんを起こし.

p2、水中の滯在時間が長すぎる:

は体内エネルギーの絶えず消耗し、乳酸は筋肉内に大量に蓄積し、筋肉疲労を起こし、けいれんを起こします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です