水泳のアーモンド時、攣るはどのようにして静かな正しい判断位置を判断することを維持して

水泳はとてもいいですね、酸素運動は、とても人気があります.でも泳ぐ時は気をつけないと意外と意外と意外にも.例えば、攣る、水泳は攣るはどのようにするのですか?どうやって自分を救うの?また、どのように攣るを緩和しますか?一起きてみようか.

p1、まず冷静に保つまず冷静にいらないといけないから、この時点で慌てないで.慌てては、自らの体と体の酸素消費量を増加させ、自らの体の酸素消費量を大幅に短縮し、慌てて水にむせ、攣るが進む.

P2、迅速に自分の位置が判明する

p>が<けいれんした場合、淺水すぐ立ってそして力を伸ばしたり、手で足親指上へばいマッサージを緩和し、すね.

がもし深水区、解脱する方法はまず吸って,アーモンド、そして潜在水に手でもみくちゃに足を腹に力を入れ,そして足の裏に抱きつき、けいれんを牽引の筋肉を堅持し、しばらくして、筋肉を収縮の獲得たるみ、そして再上陸.も利用できる攣る肢体を採用しないゆっくり泳ぎ横泳ぎや背泳ぎもう一度解脱する.解脱を把握していない場合は、早く手を振る、慌て、動作や呼吸が乱れ、水や他の部位にむせ、これは防止に必要な.

P3、手のひらの攣る

で別の手のひらを痙攣手のひらを圧向背侧し振震えて動作.

よんしよ、腹直肌痙攣

p>直肌痙攣すなわち<腹腹(胃)でつり,曲げ下肢に腹部、手で膝を抱いて、すぐ前に伸ばして.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です