女性は体が弱って6個のアーモンド部位を見ている

女は一番弱い動物で、心が弱い、体も弱いし、体も弱い.25歳を過ぎての大関、体が基本始めたといい、衰弱し、メンテナンス体を見て、肝心のろく体の部位で、専門家によれば、良い部分に注目の衰弱、老化を防ぐことができ、病気や早めに出!

p腰:減量が非常に重要です

は重要な

になって、特に中高年女性は、足腰の痛みに悩まされやすい病気になりやすい.女性は、腰痛と闘うことに、女性は生涯を.女性は10代から月経後、背骨の筋肉を支えることが難しく、腰が疲れやすいということです.女性は常にハイヒールを履き、背筋曲がった姿勢を形成し、腰痛になりやすい.妊娠後、体重増加、姿勢不良、腰痛につながる.分娩後骨盤関節靭帯がたるん、長時間の腰痛になります.女性経閉期以降骨粗鬆、背骨がもろくなって、腰を曲げ、同様によって腰痛.

p>豆知識:避け<を鍛える長座腰.女性にして腰も鍛えて,倒れて、ヨガ,アーモンド、ジョギングなどまで鍛えられる筋肉も腰、同時に、よく扭腰、寝る前にベッドの上で運動してツバメ.長座のサラリーマンにとって、毎日時間ごとに胸運動、そして後ろへ腰、引っ張ってなど.

発病率は男性より低い

で発病率が低いとは女性は心臓病に発症率は男性に下回りないが,女は初めて心臓病の年齢で男性より10年遅れて、時には緻命.その心臓はいったん調子が悪く、呼吸が短くて、体の疲労とあごの痛みなどの症状、通常は数時間持続的に続けます.このような情況は特に更年期のもっと多いことを見て、この時女の体内のエストロゲンが減って、その保護機能も相対的に弱めます.

ポイント:体重

成長損心臓.体重の乱高下する女性が心臓より大きな脅威を受けた.年に体重が減少し、5キロ以上も増加すると、心臓は明らかになると指摘し、漸進ダイエットは健康に有利になると指摘している.